ryotankの備考録日記

趣味の電子工作についての備考録などなど

電子工作作業報告書管理アプリその10

取りあえずの解決方法として
ルートのURLconfにpolls.urlsモジュールの記述を
反映させる事

ewrn/urls.pyにdjango.urls.includeのimportを
追加して、url.patternsのリストにinclude()を挿入する


ちなみにinclude()関数は、ほかのURLconfへの参照が出来る

試しに127.0.0.1:8000/adminにアクセスすると
ログイン画面が日本語表示になった
恐らく直った・・よな・・??

f:id:ryotank:20211201164709p:plain
admin画面にアクセス時

Djangoのデータベース初期化

データベースを初期化するため以下のコマンドを実行します。
実行するとSQL文が発行され、
データベース「app1_db」に管理用テーブルが生成されます

venv) C:\Users\user\PycharmProjects\mysite\mysite>python manage.py migrate

以下のようにDjango管理用のテーブルが作成されます

作成するデータベースの内容を記述するので、

polls/models.py内の記述を少しいじる

データベースを有効にする為には、Djangoプロジェクト内で
pollsアプリを有効化にする必要がある。


モデルの作成から始めていく
なので、モデルのイメージ図的なものを作る必要が出てきた・・・


今後はモデルが完成したら
polls アプリのマイグレーションファイル(モデルの内容を
データベースに反映させるための中間ファイル。モデルとSQL文を橋渡しする感じの
コードが書かれている)を作成します。

python manage.py makemigrations polls

でも上記のものは、モデルが完成してから確認するので
しばらくはお預け
あとMariaDBのデータ型や制約について調べて
MariaDBのテーブルのイメージ図も完成させなきゃ・・

電子工作作業報告書管理アプリその9

DjangoからMariaDBに接続する為に
mysqlclientをpipインストールする所から

pipインストールは簡単に出来たので、


データベースを作成する所から説明する


MySQLClient(MariaDB10.1)を起動します
MariaDBインストール時に設定したrootユーザーのパスワードを入力する

データベースを作成します

create database ewrn;

データベースが作成できたか以下のコマンドで確認

show databases;
f:id:ryotank:20211201150250p:plain
データベース確認画面

Djangoに接続設定

「settings.py」を開き

「DATABASES = {」の行を以下のように編集します

f:id:ryotank:20211201142839p:plain
settting.pyのdatabasesの中身を変更後画面

そして

python manage.py runserver

でサーバーを立ち上げて

ブラウザで「http://127.0.0.1:8000/」にアクセスすると・・・

f:id:ryotank:20211201142310p:plain
ブラウザでアクセスしたら404が出た内容


今回のewrnアプリのファイル構成は下記のようになっている
説明に関するファイルしか表示していない
実際はもっと多くのファイルが生成されているので注意

ewrn/
├ewrn/
 │ └urls.py
 └polls/
   └urls.py

設定されているURLであるpollsとadminに原因が
あるっぽいなぁ・・・

ここを何とかして直せば
日本語表示になるかな~

電子工作作業報告書管理アプリその8

PythonからMariaDBにコネクト(接続)
画像のようにPyCharmからPythonコンソールを探す

f:id:ryotank:20211130155904p:plain
PyCharmのコンソール位置
f:id:ryotank:20211130160253p:plain
Mariaコネクト コンソール打ち

以下のように打ち込む

conn = mydb.connect(
    host='localhost',
    port='3307',
    user='root',
    password='xxxxxx',
    database='mysql'
)


コネクションが切れた時に再接続してくれるコード(緑枠)を打ち込むと

f:id:ryotank:20211130162448p:plain
MariaDB コンソール返信画面
f:id:ryotank:20211130162709p:plain
コネクト出来ているかの確認
# 接続できているかどうか確認
print(conn.is_connected())

を入力して、画像のようにTrueが帰ってきたので接続が出来た事が
確認できた

次回はDjangoからMariaDBに接続する為に
mysqlclientをpipインストール所から

追記
mysqlは一定時間接続が無いと
セッションを切断する。
そのために、pingを送って接続が途切れないように
処置をする

電子工作作業報告書管理アプリその7

HeidiSQLでセッション作成からやっていく
1、MariaDBインストール時にいっしょにインストールされたHeidiSQLを起動する
2、新規をクリックする

f:id:ryotank:20211130145250p:plain
HeidiSQLでセッション作成を実行

3、画像のように設定する
セッション名は、画像のセッション名の所で右クリックし「rename」を選択して
名前を変更する。

PyCgarm(PythonIDE)に
mysql-connector-pythonをインストールする
には
1、PyCharmを起動します。ファイル→「設定」を開きます
2、インタープリタを選択し、「+」をクリックします

f:id:ryotank:20211130145720p:plain
mysql-connector-pythonをインストールする画面

3.画像のようにmysql-connector-pythonを検索して「パッケージのインストール」します

無事にインストール完了すると

f:id:ryotank:20211130150322p:plain
mysql-connector-pythonのインストール完了

上の画像のように表示される

その8ではPythonからMariaDBにコネクトから説明する予定

電子工作作業報告書管理アプリその6

Djangoチュートリアルについては
https://www.icoro.com/2021052511846/3を見ながらやった

モデル(models.py)を変更する。
python manage.py makemigrations でマイグレーションファイルを生成する。
python manage.py migrate でデータベースに反映する
でも上記のチュートリアルではsqlite3をデータベースとしているので
MariaDBだと別の方法になるかもしれない


Djangoが出来たら次はMariaDBに接続だ~

PyCharmで

統合開発環境」(IDE)と呼ばれる開発ツール。
Pythonで開発をする際に様々な便利な機能を利用することができる

PyCharmの設定でちょっと苦労するなぁ

https://hombre-nuevo.com/database/pycharm0003/見ながら
遊んでみる

HeidiSQLでセッション作成の手前までやった

実際の操作の写真はその7で紹介する

電子工作作業報告書管理アプリその5

MariaDBでのデータベースの作成について説明していく

CREATE DATABASE 文を使う

CREATE [OR REPLACE] {DATABASE | SCHEMA} [IF NOT EXISTS] db_name
    [create_specification] ...

create_specification:
    [DEFAULT] CHARACTER SET [=] charset_name
  | [DEFAULT] COLLATE [=] collation_name
  | COMMENT [=] 'comment'


指定した名前のデータベースを作成したい時は以下のように記述する

CREATE DATABASE db_name

データベースを作成した後でテーブルなどを作成する場合に
まずUSE文を使って"データベースを選択する"と便利
選択したデータベースは、デフォルトのデータベースになる
作成済のデータベースの中から使用するデータベースを選択するには
USE 文を使います。書式は次の通り

USE db_name


データベースを選択すると、プロンプトに現在選択しているデータベース名が
表示されます。


データベースを選択する前:
MariaDB [(none)]>

mydb データベースを選択した後:
MariaDB [mydb]>

データベースを選択したあともう一度 USE 文を使えば
別のデータベースを選択することができます。


次回はDjangoチュートリアルについて書こうかな

電子工作作業報告書管理アプリその4

MariaDBのインストール
MariaDBの管理に便利なツールのインストール

の前に、ソフトの特徴
phpMyAdmin」はPHPで動作する、MySQL/MariaDBのデータベースを
管理するためのソフトウェアです。
ブラウザからデータベースの状態を確認したり、
各種の操作を行うことができる

  • データベースの状態確認

  • データベースの各種操作(GUIベース)

  • データのインポート/エクスポート

データベースの各種操作ではデータベースやテーブルの作成から、構造変更、
データの挿入/編集/削除など一通りの操作を行うことができます。
また、一括でデータ処理を行いたい時は任意のSQLを実行することも可能です。

データのインポート/エクスポートもできるため、バックアップの取得や
データの一括登録なども簡単に行うことができます。

インストールは、
PHPを使って記述されたスクリプトなので
ダウンロードしたファイルをブラウザ経由でアクセス出来る
Apache のドキュメントルート内に配置する

これでphpMyAdminを利用する為の準備が出来た
この時点でwebサーバーへの設置方法が終わる