ryotankの備考録日記

趣味の電子工作についての備考録などなど

基板作りチェックリストその41

振り分けたボタンをコード化していく

おさらい

1個目は
「基板名他を読み取る」

2個目は、
「ヘッダー部分に書き込み」

3個目は
「基板分類を読み取る」

4個目は
「フッター部分に書き込み」ボタンに名称を変更する

5個目は
「DBに登録」

実際のコードに組み込む

1個目はkey名'-BN_GET-'、2個目はkey名'-header_PDF_INPUT-'

3個目はkey名'-BC_GET-'、4個目はkey名'-footer_PDF_INPUT-'
5個目はkey名'-DB-'とする

Tab1 = [
        [sg.T()],
        [sg.Text('基板名 入力欄', font=14), sg.T(' ' *10), sg.Input(key='-BOARD_NAME-')],
        [sg.T('')],
        [sg.Text('リスト作成日 入力欄',  font=14), sg.Input(key='-LIST_DATE-')],
        [sg.T('')],
        [sg.Button('PDFのヘッダー部分に書き込む', font=16, button_color="purple", key='-header_PDF_INPUT-'),
        sg.Button('基板名他を読み取る', font=16, button_color="green", key='-BN_GET-')],
        [sg.Output(size=(60, 4))]
]

Tab2 = [
        [sg.Frame('分類分け', BC_Frame, title_color='Blue', font=('小塚ゴシック', 20), 
        title_location=TITLE_LOCATION_TOP, pad=((150,0),(15,35)), border_width=2)],
        [sg.T('')],
        [sg.Button('PDFのフッター部分に書き込む2', font=16, button_color="purple", key='-footer_PDF_INPUT2-'),
        sg.Button('基板分類を読み取る', font=16,  button_color="red", key='-BC_GET2-'), 
        sg.Button('DBへ登録する', font=16, key='-DB-')],
        [sg.Output(size=(60, 4))]
]

になるので

 if sub_event =='-BN_GET-':  #基板名他を読み取るボタンが押されたら

elif sub_event =='-header_PDF_INPUT-':  #PDFに書き込むボタンが押されたら
                #pdfに書き込みする作業
                ##1.A4サイズ縦型のCanvasを準備
elif sub_event =='-BC_GET-':  #読み取るボタンが押されたら
                        BD_C = "基板分類「" + sub_value['-BOARD_NAME-'] + "」が選択されました"

という感じになる


つぎは変数をヘッダー部分を描画する事に