ryotankの備考録日記

趣味の電子工作についての備考録などなど

基板作りチェックリストその36

入力項目を変数に格納し、それをPDFに書き込む
動作確認その1として
変数をPDFのヘッダー部分に描画する

その前に入力フォームの見た目を少し改良する

動作確認用として「PDFに書き込む」ボタン
「読み取る」ボタンを追加する

イメージ図はこれ

基板づくりチェックリストアプリイメージ図-動作確認用.png

出来たのがこれ

動作確認用に入力フォームを改良
動作確認用に入力フォームを改良2

ボタンの色は色分けする

さて動作確認その1のフローチャート
このような形になった

pdfに変数を書き込むフローチャート_ヘッダー部分の変数を描画する

入力フォームを1個2個開くのは管理が面倒なので
Tab切り替えで変わるように変更する

動作確認用(Tab切り替え実装)


コード全てを載せるとダラダラ長いので
一部抜粋する

Tab1 = [
        [sg.T()],
        [sg.Text('基板名 入力欄', font=14), sg.T(' ' *10), sg.Input()],
        [sg.T('')],
        [sg.Text('リスト作成日 入力欄',  font=14), sg.Input()],
        [sg.T('')],
        [sg.Button('PDFに書き込む', font=16, button_color="purple"),
        sg.Button('読み取る', font=16, button_color="green")],
        [sg.Output(size=(30,1))]
]

Tab2 = [
        [sg.Frame('分類分け', L1, title_color='Blue', font=('小塚ゴシック', 20), 
        title_location=TITLE_LOCATION_TOP, pad=((150,0),(15,35)), border_width=2)],
        [sg.T('')],
        [sg.Button('PDFに書き込む', font=16, button_color="purple"),
        sg.Button('読み取る', font=16,  button_color="red"), 
        sg.Button('DBへ登録する', font=16, )],
        [sg.Output(size=(30,1))]
]

layout = [
            [sg.TabGroup([[sg.Tab('基板名入力フォームA', Tab1), 
            sg.Tab('基板名入力フォームB', Tab2)]])]
    ]

window = sg.Window('チェックリスト基板名入力フォーム部分Tab切り替え動作確認', 
            layout, size=(500, 500))

今回は、Tab切り替え動作確認だけ行った

チェックguiから基板名入力フォームTab切り替え動作確認.gif

次回は、本来の目的であるヘッダー部分に書き込める様にする