ryotankの備考録日記

趣味の電子工作についての備考録などなど

picアダプター治具その8

前回は部品の配置を決められたので

パターン配線を行っていく

内側に配置したICソケット周りから配線していく

f:id:ryotank:20211222041647p:plain
PPA_No.1_ICソケット周りパターン配線
f:id:ryotank:20211222041744p:plain
インジケーター回路周りパターン配線
f:id:ryotank:20211222041812p:plain
電源スイッチ周りパターン配線

外側の部品から配線していくと内側が配線できなくなる為

つぎにベタGNDの作成

※ベタGNDとは、余った部分にGNDの強化を施す事
ベタGNDを施す事で、基板の安定動作やノイズ耐性が向上する

f:id:ryotank:20211222041841p:plain
ベタGND(緑色が裏面)

これを表面、裏面に行う

グラウンドを強化するビアの配置方法
ビアを追加して更にグラウンドを強化していく

基板全体には表と裏で重なっている部分にビアを追加する事に
よって立体的になり、さらに強くなる

やり方として、1,ビアを追加をクリック

2,表のGNDと裏のGNDをビアを配置する事で接続していく

3,基板全体に満遍なく、バランスよく配置していく

上記が終わったら、DRC(デザインルールチェック)を行い、
エラーが出なければガーバーデータの出力に移る

次回は、そのガーバーデータの出力から