終端抵抗という抵抗

久々の投稿になりました。

 

現在UARTモジュールを乗せた回路に挑戦です

 

なかなか信号が出ないことになやみ

はや1か月・・・

 

なにやら終端抵抗という

抵抗が足りない模様

 

終端抵抗とは、測定器などの回路に挿入する「信号の反射を回避する」抵抗の事で

これを入れないと、信号が反射してしまい、結果的に信号が受信側まで届かなくなる

という現象が起こります。

 

RS485やRS232Cのように規格ごとで決まっているらしく

現在RS232Cの信号を扱っているので約100Ωで良いそうです。

 

まぁ実験してないので、この値で動くかどうかは

保証できませんが・・・w

 

まだまだ知らない抵抗や回路の決まり事があると実感しました。